「用」と「無用」

その境界線や線引きは
誰が、いつ、どこで引いたものなのでしょうか。

そのものに「用」がある。
そのものは「無用」である。

そこには絶対的な線引きは存在せず
時代や文化、立場や視点、状況によって
さまざまに虚い、逆転し、混じり合います。

用と無用が、無用と用とが入れ替わり、交差する。
無用の用、用の無用の淡い。

その淡いの中にこそ、
モノの本質や価値が 存在していると私たちは考えています。

用無用では、古今東西のモノたちから
その淡いを見つめ、皆さまに共有して参ります。

用無用(yomuyo)


The line between "useful" and "useless"— Who drew it? When? Where?

This object has purpose. That one is without.
But when we speak of utility or futility, No absolute boundaries exist.

Time, culture, perspective, and circumstance Blur the lines, invert meanings, and mingle definitions.

The useful becomes useless; the useless finds purpose.
In this delicate dance of opposites, We find the essence and value of things.

In the gentle twilight between purpose and purposelessness, The true nature of objects reveals itself.

yomuyo gazes into this soft borderland, Across objects from all times and places.

We share these discoveries, inviting you To question, ponder, and see anew The blurred boundaries of use and disuse.